長年悩まされたニキビの意外な原因

20代になると、思春期にはできたことがなかったニキビができるようになってしまいました。

高校生の頃は、周りの友人たちの顔にニキビができているなか、一人だけ綺麗な肌のままだったのに、大人になってからニキビができるなんてどういうこと?

とかなり悩みました。

それからというもの、私の顔には常にニキビがある状態でした。

初めてできたニキビは膿の詰った赤くて痛いニキビで、頬を中心にできました。

自己流ケアをしましたが治らず、結局皮膚科のお世話になり、薬で治療しました。

頬のニキビは薬を使うと治まるのですが、今度はフェイスラインにニキビができ始めました。

このニキビはでき始めのとき、痒みと熱を持ち、その後、あまり痛くは無いですが、膿が詰まったニキビになり、びっくりするようなスピードで増えていってしまいました。

フェイスラインのニキビの事を調べると大抵、治りにくい、繰り返す、跡が残りやすいと言われており、早めの対処が鍵を握るのだと改めて思いました。

幸い、薬を塗るとできてしまったニキビには効果があるので、薬はそのまま続けつつ、ニキビができる原因を探りました。

そこで、あるとき、すごい情報を見つけたのです。

それは、クレンジングや洗顔料、化粧品などに含まれる成分が肌を弱くするので、極力肌には何もつけない方が肌に良いというものでした。

半信半疑でクレンジングや洗顔、スキンケア等をやめてみたところ、肌が劇的に変化し、ニキビができなくなりました。

長年悩まされていたニキビの原因が肌に良かれと思ってやっていたことだっただけに盲点でした。

今はニキビレスの綺麗な肌になり、悩みから開放されました。