シーボンのフェイシャリスト ファーメントパウダーの使い方。使用感、洗い上がりは?


シーボンのお店で、コスメ体験のキャンペーンに参加しました。

40代になってから皮膚の下のクッションが薄くなった感があり、たるむような、皮が余るような、鏡の中のフェイスラインも全体的に下がった不安があったからです。

カウンセリングを受けて驚いたのが、毛穴の詰まりが多く、古い皮脂がきちんと洗い落とされていないという話でした。

肌の引き締まり感は年齢相応で、むしろ詰まった毛穴が原因でコンマ何ミリかずつ皮がたわみ、そのしわ寄せが肌の上で起こっていると診断されました。

対策として最優先すべきケアは洗顔。

私の肌がニキビに悩む10代の子と同じように、洗顔が重要とは想定外です。

30代あたりから乾燥を感じはじめ、原因は皮脂の落としすぎではないかとコスメ雑誌を読んで思い当たって以来、洗い上がりのさっぱり感が気に入っていたオイルクレンジングから、クリームクレンジングに変えました。

確かに肌のつっぱりや乾きが軽減したので、私に合うスキンケアは「洗いすぎない」ことだと思い直したのですから、シーボンの診断がいかに驚きだったかということです。

洗顔料ラインナップの中から、「フェイシャリスト ファーメントパウダー」という酵素の洗顔料を勧められました。

個包装のきめ細かなパウダーで、使い方は少量のぬるま湯を入れた洗面器の中で手を泡立て器のようにかき回していきます。

すると、弾力のある泡があっという間に出来上がりました。

両手一杯にすくっても、まだまだ洗面器には残るほどのボリューミーな泡です。

洗ってみると親和性という言葉がフッと浮かぶほど、肌にぴったりと馴染みました。

気泡で撥ね付けられる感じもなく、じゅわっと泡の方から肌に吸い付いてくる使用感で、酵素の力で毛穴の脂質を溶かし出しているのをイメージできました。

実際、洗顔後の肌チェックで使用前使用後の詰まりはわずかですが改善していたので、使用回数を増やし、持続させていけば肌にはきっといいことが起こることも予感できました。

ただ、残念ながら価格が高く(税込みで3万円超)、毎日使うコスメとして私には贅沢すぎたので定期購入には至りませんでした。

けれど、いつか1日の終わりに自分を労れるデイリーコスメとして使えたらと思います。