肌ラボの極潤 ヒアルロン液を使ってアラフォーママが気づいたこと。


40歳で二人目を出産後、自分の肌ケアに時間をかけられず、最低限のお手入れしかしていなかった時期が続いたのですが、ふと鏡を見た時に顔がものすごくくすんでいることに気づきました。

これではいけないと思いましたが、「高価な化粧品は購入できないし…」と悩んでいたところ、ドラッグストアで肌ラボの極潤 ヒアルロン液を見かけ、試しに購入しました。

お風呂上がりのお手入れは肌がすぐに乾燥してしまうので、肌が潤っているうちに急いですることを意識して、また化粧水はケチケチ使うのではなく、たっぷりと肌になじませるように使うようにしました。

安価なので思いっきり使えます。

化粧水が終わった後は、肌の水分が蒸発しないようフタをするために、ニベアの青缶をうすく塗るようにしています。

あんまりこってり塗るのは好きではないので。

ニベアの青缶は、昔ながらの香りが懐かしくて大好きだったのですが、最近TV等で話題になっていたため、顔にも使うようになりました。

値段も安く、香りに癒され、育児で疲れている私には一石二鳥のアイテムです。

自分で鏡を見ても「疲れた顔してるな~」と思うほどだったのですが、肌に潤いが少し戻ってきたように思います。

20代の頃はクリニークの化粧品を愛用し、新商品が出る度に試していましたが、結果、自分が納得いく効果があったかどうかは疑問です。

自分のために化粧品代をかけられない今、ドラッグストアの安価なコスメやニベアなどのクリームは大変心強い味方です。

また、化粧品は値段ではなく、自分の肌との相性なのだと、この年齢になって気づきました。