セブンフローのオイルの保湿効果は?オイルが苦手な人でも大丈夫?


30代の後半になった時に、顔に何となくくすみを感じる様になったり、乾燥を感じる様になってきました。

世の中はオイル化粧品のブームでしたが、オイル化粧品だとべたつく感じがあったので敬遠しがちな自分がいました。

そんな時に以前に雑誌で見たオイル化粧品がテレビ通販していたので、思わず見入ってしまったのが、セブンフローという化粧品との出会いでした。

セブンフローの中でも最も定番で人気があるという組み合わせの化粧品がハーブ サーキュレイト オイルとボタニカル スパミストです。

ハーブ サーキュレイト オイルが一番先につけるオイル化粧品で、スパミストが仕上げとしてつける化粧水です。

セブンフローのオイルは、見た目やテクスチャーはオイルとは分らないもので、肌の奥に浸透してオイルに変化してくれるという優秀な化粧品なのですが、その後はスパミストの化粧水だけで肌がとても潤って、使っているうちに肌全体に明るさが出てくると感じました。

また、オイルをつけているというベタベタ感も全く感じませんが、時間が経過するとオイルが肌に浸透してくるのが本当によく分ります。

この二つを使う様になってからは、他の化粧品を使えなくなっています。

冬場で保湿が物足りないと感じる時は、仕上げの保湿クリームを塗ったりもしています。

セブンフローにしてからはとにかく肌の調子が良くて、アラフォー世代の友人にも度々教えてあげています。

使った人はだいたいリピートしていると聞いています。